どのような翻訳を任せたいのか

論文の翻訳を任せてみよう

難しい論文の翻訳は、それを得意とする専門の翻訳会社に任せることをおすすめします。
表現方法が難しく、他の会社では翻訳するのに時間が掛かるかもしれません。
何を得意としている会社なのか、見極めることが大切です。
サイトに、得意ジャンルが記載されていると思うので必ず確認してください。
オールジャンルを得意とする会社は、あまりおすすめできません。

浅く広い知識なので、難しい翻訳はできない可能性があります。
またミスも増えるので、仕事に活かせないでしょう。
いくつか、ジャンルが異なる会社を前もって調べておくと良いですね。
するとその時の状況に応じて、依頼先を使い分けられます。
すばやく依頼できるので、仕事に影響を与えません。

日常生活の翻訳が必要

中国の人から届いてメールなど、日常生活の翻訳が必要になる場合があります。
それも得意とする会社が存在するので、依頼してください、
日常生活になると、言葉のニュアンスが変わったりします。
ですから得意な人に翻訳を任せた方が良いでしょう。
翻訳会社に任せると、当然ですが料金が発生します。

料金が掛かることを気にして、頑張って自分で翻訳しようと考えている人が見られます。
努力するのは構いませんが、これまで全く中国語を勉強したことがない人が翻訳しても時間が掛かりますしミスが増えます。
翻訳に時間が掛かると他の仕事ができないので、効率が悪いです。
料金を支払って会社に任せた方が、スムーズに仕事を進められます。
メリットが大きいでしょう。